弁護士の選び方

弁護士に相談すれば速やかに債権回収が実行できますが、費用を考えると少しでも優秀な弁護士にお願いしたいものです。弁護士を選ぶ際には、どのようなポイントに気をつければ良いのでしょう。まずは、債権回収の実績があるかどうかを確認しましょう。そして、対応については、事細かに説明してくれるかどうかを確認しましょう。さらに、過去に問題を起こしていないかどうかもチェックしておくことも必要です。

まず、「債権回収」のプロであるかどうかを気にしましょう。現代ではどの弁護士も自身のホームページを持っていますから、そのページに「借金回収」、「債権回収」などの文字が明記されているかチェックします。「借金回収のプロ」などと明記してある場合には、過去の実績やマスコミなど第三者からの評価が存在するか、確認しましょう。

次に、事細かに説明してくれる弁護士を選びましょう。無料相談の時点で実際の依頼申し込み時の見積もり、これから想定される選択肢などを細かくこちらに説明してくれる弁護士がもしいれば、その人を選びましょう。債権回収終了まで長い付き合いになる弁護士ですから、信頼できる人を選びたいものです。

そして、過去に問題を起こしていないかどうかも併せてチェックしましょう。弁護士の名前で検索してみて、許容できないような悪い評判があればその弁護士は避けた方が無難です。とにかく「信頼」が第一です。

債権回収にかかる費用

債権回収にかかる費用は、実は弁護士に対して支払う費用だけではありません。どんな回収方法を選ぶかによって、債権回収にかかる最終的な費用は変わります。裁判所を通じて債権回収をする場合、訴訟や民事調停、支払督促を通じて債務名義の取得をする必要があります。債務名義とは、債権の存在を公的に証明するための書類です。債務者が「民事調停」や「支払督促」、そして「訴訟」などを通じた弁済に万が一応じなかった際、債務者の持つ資産や債権の差し押えを強制的に行うために必要な書類になります。

このようなことは全て法的手続きです。その手続きを選んだ場合、それぞれについて裁判所に費用を支払う必要がありますから、注意が必要です。弁護士に相談した上で法的手続きに進む場合には、「着手金」の中にそれら費用が含まれている場合もあります。

弁護士や裁判所を通さずに、自分自身で債権回収を実行する場合には、今まで紹介したような費用は一切掛かりません。しかしその場合、当事者同士での話し合いはしばしば行き詰って前に進まなくなります。長期的視点で見た会社経営への悪影響を考えると、債権回収の事はやはりその道のプロである弁護士に相談した方が良いでしょう。

債権回収弁護士の費用について

債権回収に困った時には、弁護士に相談しましょう。弁護士に相談する際には費用が掛かりますが、それは「必要経費」と見るべきです。何故なら弁護士に債権回収を依頼すれば、多くのメリットを得ることができます。一番大きいメリットとしてはスピーディーに解決することができることです。そして債務者に債権者の本気度が伝わるとった点。そして、債権者は精神的な負担から楽になれるといったことです。

これから弁護士に対して支払う事になる費用について説明しますから、上記メリットに対して許容できるかどうか、考えてみてください。弁護士に対して支払う費用は、大きく分けて「相談料」、「着手金」、「成功報酬」の3つに分かれます。まず「相談料」とは、債権回収に関する相談を弁護士にするたびに発生する料金の事です。債権回収に関する相談を1回1回弁護士にするたびに、相談料が発生します。相談料の費用の相場としては、一般に1万円/時間と言われています。この金額は弁護士事務所により様々なので、あくまで参考程度にしましょう。

次に「着手金」とは、弁護士が債権回収の依頼を正式に引き受けた段階で発生する料金の事です。着手金は債権回収の成功・失敗に限らず発生し、相場は一般的に10万~30万円と言われています。そして「成功報酬」です。成功報酬は債権回収が完了した後、回収できた債権の額に応じて発生します。弁護士は債権額に対して一定割合を成功報酬として受け取る事が多く、相場は債権額の10~20%と言われています。以上が弁護士に対して支払う費用ですが、債権者としてはそれ以外の費用も考える必要があります。