債権回収弁護士の費用について

債権回収に困った時には、弁護士に相談しましょう。弁護士に相談する際には費用が掛かりますが、それは「必要経費」と見るべきです。何故なら弁護士に債権回収を依頼すれば、多くのメリットを得ることができます。一番大きいメリットとしてはスピーディーに解決することができることです。そして債務者に債権者の本気度が伝わるとった点。そして、債権者は精神的な負担から楽になれるといったことです。

これから弁護士に対して支払う事になる費用について説明しますから、上記メリットに対して許容できるかどうか、考えてみてください。弁護士に対して支払う費用は、大きく分けて「相談料」、「着手金」、「成功報酬」の3つに分かれます。まず「相談料」とは、債権回収に関する相談を弁護士にするたびに発生する料金の事です。債権回収に関する相談を1回1回弁護士にするたびに、相談料が発生します。相談料の費用の相場としては、一般に1万円/時間と言われています。この金額は弁護士事務所により様々なので、あくまで参考程度にしましょう。

次に「着手金」とは、弁護士が債権回収の依頼を正式に引き受けた段階で発生する料金の事です。着手金は債権回収の成功・失敗に限らず発生し、相場は一般的に10万~30万円と言われています。そして「成功報酬」です。成功報酬は債権回収が完了した後、回収できた債権の額に応じて発生します。弁護士は債権額に対して一定割合を成功報酬として受け取る事が多く、相場は債権額の10~20%と言われています。以上が弁護士に対して支払う費用ですが、債権者としてはそれ以外の費用も考える必要があります。